オレオレ詐欺の闇営業問題を詫びて、芸人とプロダクションの関係に話題が移った!

オレオレ詐欺の闇営業問題を詫びて、芸人とプロダクションの関係に話題が移った!

「詐欺グループ相手の闇営業問題で吉本興業から契約解除されたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が20日、都内で会見を開き、同社への不信感と幹部から圧力を受けていたことを暴露した。今後契約解消が検討されているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに、詐欺被害者に謝罪した。冒頭から何度も、詐欺被害者や関係者に向け「不快な気持ちにさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。当初、反社会的勢力からのギャラは受け取っていないとうそをついていた。騒動は収まることなく、罪悪感にもさいなまれ、謝罪会見を開きたいとの希望は、先月から吉本興業側に伝えていたという。しかし会社の指示は「静観」だった。会社からの圧力を明確に感じたのは、先月24日に謹慎を告げられた時だった。亮が「辞めてでも、僕1人でも会見をさせてくれ」と申し出ると、吉本興業の岡本社長は『辞めて1人で会見したらええわ。やってもええけど、全員連帯責任でクビにする。俺には全員クビにする力がある』と言いました。全員、何も言えなくなりました」と振り返った。亮は「(吉本興業の)弁護士さんが言うには、我々が弁護士を付けたことを上層部は悲しがってる、ファミリーだと。ファミリーなら、子供が正しいことを言って謝ろうとしてるのを止めるのは親ではない。不信感しかなくなってしまった。」と泣いた。2人とも吉本興業への感謝を示したが、思いに反し反旗を翻すことになってしまった。」(日刊スポーツ引用)↓↓参議院選挙前に起きた芸能大ニュースに、あなたはどう感じましたか?↓↓「芸能人とプロダクション問題」が連発しています。この件に関しての、本筋の課題とは何であるのでしょうか?↓↓

「プロダクションと芸能人の関係」にフォーカスの軸がずれましたが。