8月~11月社会現象が劣悪化する。危機管理能力をつけよう!

8月~11月社会現象が劣悪化する。危機管理能力をつけよう!

「損害保険大手のSOMPOホールディングスの国内損保事業の従業員の削減策が波紋を呼んでいる。介護の子会社などへ配置転換することが柱だが、「介護部門を『追い出し部屋』として使っている」などと批判が巻き起こった。損保業界は国内の自動車の販売減などにより厳しい環境にあるが、一方の介護業界も人材不足など深刻な課題を抱えている。人件費など年間100億円を圧縮。「損保マンから介護って、完全に辞めろってことでしょ」「露骨すぎる」SOMPO HDの削減策にツイッターなどネット上で寄せられた声だ。日本経済が停滞する中で、銀行など金融業界で人員削減策がとられることは珍しいことではない。今回、物議を呼んだのは4000人の受け皿が介護などの子会社だったという点だ。計画によると、同社はITによる業務効率化などにより、2020年までに全従業員およそ2万6000人の15%にあたる4000人を削減し、2万2000~3000人程度にする。希望退職は募らず、人件費などを年間で約100億円圧縮できる見通しだという。」(ライブドアニュース引用)自然現象だけではない、人間の生活の足元を救われる!青天の霹靂の社会現象は、8月~11月最悪の社会事象となっていくだろう。↓↓

母親や妻や女性の気づき度でサラリーマンの危機を回避できる方法とは!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)