「ヨハネの黙示録」と「G20」の時期の不思議さ。

「ヨハネの黙示録」と「G20」の時期の不思議さ。

「ヨハネの黙示録」には人間界は二つのグループに分けられると書いてあります。魂が汚らわしい者と魂が聖なる者に別れる暗示だったのでしょうか。どこにその「境界線」があるのか、2019年に現実で明確化するのかもしれません。イエス・キリストは、「アルファであり、オメガである」と、言霊を伝えました。この言霊と「ヨハネの黙示録」にある記述が約2000年も世界に影響があるなんて!!その影響は、現実に「G20」にも様々な形で具現化していくことでしょう。この世界の不思議、不思議ですね。↓↓↓「私はアルファであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。 」(ヨハネの黙示録第21章より引用)↓↓↓

クライマックスの第三フェーズに日本の「六芒星」に集まる訳とは!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)