地球の歴史の真実と警告を人類の教訓と成すために。

地球の歴史の真実と警告を人類の教訓と成すために。

「真実は1つである。真実を見抜く目と耳が必要である。真実を捉えていたら、迷う事は何もない。」「1点の曇りもなく、ありのままの自分でいる。どの時間も、どの日も、悔いがないように過ごす。いつも心に偽りがなく、真実だけを語る日々を過ごす。」「私達はもともと愛と光である。本来の魂の輝きに近づいていく事で幸福感を感じられて笑顔で過ごしていく事が可能である。」「ただ、「ここにいる」あなたはただそこにいて、あるがままに過ごしていくことに集中できれば、1日の有り難さに満たされながら生きていける。」気づきの波が起きる寸前には、己を問いただし、人生をみつめる力が必要であるでしょう。↓

4000年の歴史の真実と警告を人類の教訓と成すために