地球の物質界では、肉体に支配された魂が人間社会の幻想に惑わされる。

地球の物質界では、肉体に支配された魂が人間社会の幻想に惑わされる。

◎宇宙との境界線●宇宙人や他の惑星の生命体とコンタクトをとることは人間に可能ですか。●「宇宙の真理」とは、一体、どのようなものでどう捉えたら人生が幸福ですか。●地球の環境汚染が改善できないと、未来に他の星に移住するのでしょうか。●自分の次元が上がると進化した惑星の生命体とコンタクトができるのですか。●宇宙を探求することは私たち人間にどのような影響の良し悪しがありますか(過去の質問)。(答え)太古の昔より、人間は空を見上げて輝く星々や惑星を眺めて、その動きを注視して生きてきました。太陽と月の運行、星々の運行は人間の生活に影響があり、時空と生命の存在や真実の答えを示してくれています。その繊細かつダイナミックな活動は、惑星同士の軌道はもちろん、人間の身体や生命に呼応していると考えられます。私達は、解明できないからこそ、宇宙へのあこがれと共に、小宇宙である人間の内面の探求と哲学も始まったのです。宇宙には法則があり、その法則に従って、地球もその地球に生息する生命体も命生かされていることが「真理」です。私たちの魂は、その「宇宙の法則」に従って、それぞれの次元時空を超えた使命を遂行するように地球上で生命を与えられて存在していると目覚めましょう。しかし、地球の物質界では、肉体に支配された魂が人間社会の幻想に惑わされて、本来の目的を見失い、エゴによる虚飾と生存競争を繰り返しています。広大な宇宙において人間の未熟さを終わらし、「宇宙の法則」に感応している魂の小宇宙を「境界線」で明らかにし使命を実現することを目指してください。「宇宙の計画」「銀河の計画」「地球の計画」にはそれぞれに人間が手をだせない「境界線」があり、天と地を繋ぐ肉体を極めることで霊格と次元があがります。そうすれば、宇宙の高次元から愛と光のメッセージもキャッチすることもできるようになるでしょう。それは、自分のためではなく、地球のために必要なメッセージです。メッセージはこちらから↓↓

「銀河系に存在する惑星の宇宙戦争の終結です」