私が日本語が世界の共通語になると世界は明けると考えてから12年経過。

私が日本語が世界の共通語になると世界は明けると考えてから12年経過。

日本は歴史が長く、精神を重んじた国でした。道を極める人が多く存在しました。自然に敬意を現して自然と共に和の神さまと共に生きてきた歴史があります。江戸幕府の討幕後、明治維新がおきてアメリカ文化が雪崩のようにはいってきました。「サンキューサンキュー」・・日本は「ありがとう」が言霊です。私が日本語が世界の共通語になると世界は明けると考えてから12年経過。明治維新後、仕組まれた戦争を起こされる度に、4世代、3世代のカルマが連鎖して葛藤、しかし、焼野原になっても、父親や兄が戦争で死んでも、「天皇陛下万歳」と日本をうらまず、まじめな民族、働き物としてくじけず、現在の日本の平和があります。殺人事件の3面記事は日本では珍しいからニュースになるのであって、アフガニスタンやイラクではニュースになりません。宗教の違いなどで突然、銃口を向けられない、徴兵制度もないこの時代にあまりにもオチャラケ、あまりにもカルマ的な嘘情報に流されました。↓今こそここで真実の道を歩もう↓

過去3000年も支配された世界は終わるのか?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)