肉体の「闇を認識」して「光の玉」と輝かせる作業をする重要性。

肉体の「闇を認識」して「光の玉」と輝かせる作業をする重要性。

人生に、お金、人間関係に悩みが多い人は、「私はこんなに大変です。誰か助けてください。」と親、仲間、男女間に依存しやすい、要求が通らないと逃避か攻撃をする人は依存度が高く、「境界線」がない、自分がそれをしているのを知らない、相手に要求が強いのは、「境界線」が緩いというまちがいです。 まわりの人達に要求が強い人ほど、「境界線の実践ができていない」ため悪現象が起きます。「あなたのせいだわ」という考え方自体が幼児性があり、他力本願で自己責任力がない場合がとても多いです。人と人の社会の行動基準には尊重のルールがあり、それが「お金と時間」で守られていることもあり。時間に緩い人は金銭感覚にも緩い場合が多いです。お金に尊重心がなく緩い人は整理整とんもできない、期限を守らない、人に迷惑をかけることが多い人とは接しないことです。自分にも「境界線」があることで判別ができるかもしれません。世界の次元がかなり高低分かれているので、あまりに次元が低い話や、ネガティブな話題に決して乗らないでください。↓肉体の「闇を認識」して「光の玉」と輝かせる作業をする重要性はこちらから↓↓

神社の「阿吽」を知ると、挨拶の真の意味と大事さがわかる!

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)