米国史上最悪の大学不正入試事件が発覚!女優ら約50名を訴追!

米国史上最悪の大学不正入試事件が発覚!女優ら約50名を訴追!

これはビッグニュース! 「米検察当局は12日、子どもを名門大学に不正入学させるための詐欺行為に関与したとして、著名女優や企業の幹部など約50人を訴追した。米国史上最悪の大学不正入試事件となった。 検察によると、訴追されたのは、テレビドラマ「デスパレートな妻たち」などへの出演で知られる女優フェリシティ・ハフマン、「フルハウス」のロリ・ロックリンら。カリフォルニア州の入試対策会社が、スポーツコーチや替え玉受験者らに賄賂を渡したり、運動選手でない入学希望者をエリート選手のように見せかける写真を捏造したりして、富裕な家庭の子どもを大学で有利な枠に入れるなどの不正入学を図ったという。 こうした行為は2011年に始まり、不正が企てられた大学は、イエール大学、スタンフォード大学、南カリフォルニア大学(USC)、 ジョージタウン大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、テキサス大学、ウェイク・フォレスト大学など 」(ロイター通信引用)このビックニュースの真実は如何に!?↓↓

米国史上最悪の大学不正入試事件が発覚の真実とは!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)