生まれてきた目的に誠実に、忠実に過ごす事が「愛」である。

生まれてきた目的に誠実に、忠実に過ごす事が「愛」である。

「真実は1つである。真実を見抜く目と耳が必要である。真実を捉えていたら、迷う事は何もない。」「1点の曇りもなく、ありのままの自分でいる。どの時間も、どの日も、悔いがないように過ごす。いつも心に偽りがなく、真実だけを語る日々を過ごす。」「私達はもともと愛と光である。本来の魂の輝きに近づいていく事で幸福感を感じられて笑顔で過ごしていく事が可能である。」「ただ、「そこにいる」を目指そう。あなたはただそこにいて、あるがままに過ごしていくことに集中できれば、1日の有り難さに満たされながら生きていける。」「生まれてきた目的に誠実に、忠実に過ごす事が「愛」。生まれてきた目的を体現し続ける人、具現化できる人は「愛」の存在である。」↓↓

「宇宙はスキャナーのように眼の前の現実に答えを映し出す」

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)