真のライトワーカー魂が着火した感じがしています!

真のライトワーカー魂が着火した感じがしています!

牛丼の松屋前にアイフォン女子が長蛇で並んでいた・・夜食?・・アイフォン女子は、お米のとぎ方もしらないかもしれない・・と感じた。潜んだ意識があると知らずに、お金、人間関係に悩みが多い人は「私はこんなに大変です。誰か助けてください。」と親、仲間、男女間に依存しやすい、要求が通らないと逃避か攻撃をする人というのは依存度が高く、境界線がない、知らない、緩いです。他人に要求が強い人ほど「境界線が理解できていない」現象が起きます。「あなたのせいだ。」ということ自体が幼児性があり、他力本願で自己責任力がない人間性の場合が多いです。人と人の社会の行動基準には相手と団体への尊重のルールがあり、それが「お金と時間」で守られていること。時間に緩い人は、金銭感覚にも緩い場合がとても多いです。お金と時間に緩い人は整理整とんもできない、期限をまもらない、人に迷惑をかけることが多いですから、自分が「境界線」を理解すると、要点の判別ができるかもしれません。親子間、夫婦間、パートナーシップ間で「こんなにしてあげている」というのは境界線がないし、互いに成長しあっていると家庭が調和です。 しかし、必要以上に、家族に固執する、執着する、所有しているとトラブルが多いでしょう。近しい人の間ほど「境界線」、鈍感ではならなない、敏感に鋭敏に「境界線」が必要です。「境界線」と「人間力」は一致します。「境界線」があると常識は尊重であり、非常識は非礼であるとわかり、寛容でいながら尊重し合える社会になるでしょう。↓↓

~クラウンチャクラが開いて(=意識改革)11次元になるために~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)