AI世界の未来と、大嘗祭が融合する「令和」について。

AI世界の未来と、大嘗祭が融合する「令和」について。

「大嘗祭が、いよいよ11月14日、15日に執り行われる。即位後最初の新嘗祭を、大嘗祭と呼ぶ。天皇にとってもっとも大切な1代1度の祭事だ。また、毎年行われる新嘗祭は、新穀を天神地祇にお供えし、そのあと天皇みずから食す神事(共食)で、「共食」そのものが、重要な呪術の1つなのだ。たとえば初代神武天皇がヤマト入りするとき、天香久山の埴土を用いて造った土器に神饌(食べ物)を盛り、神に供え、共に食したことで、決して負けぬ体になったという。要するに大嘗祭とは、天皇が即位後、はじめて神と食事をともにする神事といえよう。ただし、大嘗祭には、いくつもの謎が隠されている。」(新潮社フォーサイト引用)・・神秘で不思議な日本の歴史はまた続く・・

密室でどのような神事が行われるかは「秘事」