満月の自分の願いは儚くも散り、自分を見つめる月光は輝くだろう。

満月の自分の願いは儚くも散り、自分を見つめる月光は輝くだろう。

「人間」である私達は「肉体」に押しとどめられた「意識」が「肉体」をもって「次元上昇」するということに「目覚める」「悟る」ということが起き、目の前の「現実」に明確に現れます。目の前の「現実」はあなたの「意識」の表れです。「顕在意識」「潜在意識」を「自覚認知」してくことです。過去の「教訓となる出来事」に対して、現在の「霊性進化したあなた」ならば、「どういう対応ができるのか?」と捉えられていることが大事です。目の前の「現実」を「豊か」に「幸福」にしていくためには、「今という瞬間」に「生きる」ということです。魂が霊性進化をして上昇をした「ハイヤーな自己」である存在でしょう。満月は「自分の願い」を祈る日ではなく、淡々と「自分を見つめる」「己の内側の発見」の月光がさし込んでいると気づけます。満月の自分の願いは儚くも散り、自分を見つめる月光は輝くだろう。

素直な魂の方々は「直そう」「変えていこう」「改善しよう」と決意する満月にしよう。