太陽に問いただされる自分の人生とは、仕事の働き方の捉え方を見直す機会。

太陽に問いただされる自分の人生とは、仕事の働き方の捉え方を見直す機会。

◎職場(仕事)との境界線★現在の仕事がいやで早くやめたい★転職の職種について最初は希望の会社だったのだが、所属された部署が自分の苦手な分野の仕事ばかりでそろそろ転職したいのだが、また、配属先によっては似たり寄ったりかと転職に悩んでいる★正社員か派遣社員か、アルバイトかパート職なのかで悩む★将来のことを考えると、正社員を選ぶのか、派遣社員のままでいいのか、または、本当に合う仕事が決まるまで、アルバイトとパート職でいいのか★自宅のローンや学費のための仕事で満員電車にのるのが辛い★好きでない仕事仕事の人生に疲れている、しかし、自宅のローンや学費のための仕事と割り切ってもいるのだが、心は正直で、最近では、体調も悪く満員電車に乗るのが辛い★会社生活は普通に安定しているが、ミッションではない悩み★大学を卒業後から同じ会社で勤続も長く、会社生活は普通に安定しているのだが、誰のためにどう生きているのかわからない時があり、これがミッションではない悩みがある★私の人生はどうなるのか?★いつまでこの職場にいるのか先が見えない仕事に縛られるのか苦痛に感じるようになり、私の人生はどうなるのか? 先が見えない、しかし、会社をやめても何をしたらいいのかわからず、まったく先が見えずに迷ってばかりいます。もう変わりたい。★人生における仕事との境界線とは↓↓

~労働の苦痛から、人生を充実させるため働くこと~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)