精神が正しいと、生きにくい世の中になる一歩手前の状態に。

精神が正しいと、生きにくい世の中になる一歩手前の状態に。

渋谷や表参道のカフェで「インスタグラム女子」が何度も食事シーンを自撮影しているのを見ると、「自分を表現したい」人がとても多いことに改めて驚くことがあります。相手と会話を楽しむより、そこにいない人達へ向けて、自分を発信する・・そして、そこにいない人達の情報を必死で検索する女子たち・・。若者にはあたり前の日常に違和感を感じる人達は、きっとあっています。だって、そのグループ全員、店員さんに「ありがとう」もいわないし、隣席への配慮や思いやりもなかったし、酷い場合は、足の悪い人に席もゆづれず自撮影を繰り返していた・・。こんな光景を幾度もみている、店員さんも駅員さんも徐々に麻痺してきた模様です。駐車場やコンビニのシニア層のおじさんに命令をしていたり不愛想な姿もアイフォン女子に多い・・。劣悪な接客な店も増えてきた。真面目な若者を拝見するとホッとする・・これが、アセンションなのか?↓いや、違う↓精神が正しいと、生きにくい世の中になる一歩手前の状態になる前に↓↓

「目の前の人から気づく、学ぶためにその人と接している」