「相手の立場を尊重できる」人は「境界線」を踏まない人~ヒューマンスピリット編~

「相手の立場を尊重できる」人は「境界線」を踏まない人~ヒューマンスピリット編~

畳の淵はふまないこと、床の間は勝手にあがらないこと、神社の結界の先の芝生はふまないこと、「和の文化」は既に教えてくれていました。人間関係の「境界線」をわきまえると、決して「境界線」を超えてはならないことがよくわかり、「境界線」を超えると痛い現象が起きます。「境界線」を超える、超えてしまう性分の人とは「相手に求める」依存性が強いのがわかります。立ち入りすぎ、ここまでという「ライン」があるのにライン先に立ち入ってしまいます。基本的には「相手の立場を尊重できる」人は、「境界線」を踏まない人です。これを「倫理」とよぶこともあります。「境界線」が整っていると、時間の効率化があり、淡々と仕事に集中できます。「境界線」が整っている人ほど、月の金銭も安定しているのはまちがいのない事実です。家族も職場でも「人と人のライン」(境界線)を意識するとしないとでは、お金、人間関係の円滑度、大いに豊かさの結果に差があります。↓↓自宅の両隣人との「境界線」は適正ですか?↓↓

~挨拶をしない隣人に対し、自分から架け橋を渡し、隣近所であることの意味をもつ~