「皇位継承」を語る前に、「己の人生が継続できるのか」考えるべき。

「皇位継承」を語る前に、「己の人生が継続できるのか」考えるべき。

「現在、皇室には天皇陛下の孫世代の男子は悠仁さましかいない。「男系男子」しか皇位を継げない現行のルールでは、悠仁さまに男子が生まれなければ、皇位継承者がいなくなる。そこで、浮上するのが「愛子天皇」待望論だ。」「陛下のご退位を直前に控えた4月21日、朝日新聞一面にそう題した記事が掲載された。2017年6月に退位を実現する特例法が成立した後、秋篠宮さまは自身の即位について、周囲に「兄が80才の時、私は70代半ば。それからはできないです」と漏らされたという内容だ。また、「天皇になることを強く意識しているか」と皇室研究者に指摘されると、「そんなこと思ったことがない」と打ち消されたという。新天皇の即位後、秋篠宮さまは皇位継承順位第1位の「皇嗣」となり、長男の悠仁さまが同第2位になられる。その発言は、「皇位継承の拒否」という意思表示とみられ、世間に衝撃を与えた。」(ヤフーニュース引用)これを受けて「秋篠宮さまが皇位継承順位第1位を辞退することを早々に表明すれば、同第2位の悠仁さまが同第1位に繰り上がります。“それならば、悠仁さまを早めに皇太子にして帝王学を授けよう”という議論の流れになるでしょう。」と憶測を呼んでいます。社会事象を心眼でズバッと切る!とはどういうことなのかというと、このブログでは、覚醒していない次元の方々の意見を事実認識しながら、次元の高い(気づき度)の高い方々に真実を発信中です。まずは「平成ありがとう」上天皇のご尽力もあり、戦後73年間が戦争が起きませんでした。また、その意思を引き継がれた新天皇即位後、日本は大変革を迎えます。人間を超越した精神力に普通の人間が教わることは多い新天皇即位して5日目の今日、心眼でズバッと語ると、地球の存続をかけた数十年先の「皇位継承」を語る前に、「己の人生が継続できるのか」を、己に説いたまえ!!です。これに共鳴する魂の方々は、日本に生まれてきた目的がわかる高い次元の存在となれることでしょう。(新天皇も秋篠宮さまも超越した尊敬する言霊ばかりだと感じる)↓↓

神武天皇の側近の八咫烏の鳴き声は「イザヤ、イザヤ」だった!?