小宇宙(家庭)が乱れると大宇宙(仕事場)が乱れる~ヒューマンスピリット編~

小宇宙(家庭)が乱れると大宇宙(仕事場)が乱れる~ヒューマンスピリット編~

当たり前の普通の関係性から、尊重し合える愛と信頼の関係性にしていくこと。食卓での言葉、会社のランチなど、互いの尊重心を保つ「境界線」のテーブルにすること。互いに自己向上ができて分かち合いができるのか自分自身を考察してみること。長時間いる人間関係は、エゴが発見できる、うまくいっている。宇宙は魂が磨けるように仕組まれていると悟ること。小宇宙(家庭)が乱れると大宇宙(仕事場)が乱れる。会社で「境界線」をもって知人と語り合う、お互いに切磋琢磨ができる関係性まで向上させると人間関係も良好になっていく。「こんなにしてあげている」というのは「境界線」がない。近しい人の間にほど「境界線」が必要。敏感に鋭敏に「境界線」が必要。家庭内の不都合は「境界線」のずれでしかない。母親が智慧と知識と倫理がある「境界線」であると、自然に人間適応能力がある青年になる。お互いに「境界線」が適切であるとパートナーどちらもビジョンの実現が可能。↓↓(転載は引用元を記載ください)↓↓

~相手に求め、依存し、愛のない言葉で相手を試したりする~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)