実生活で金銭のグラウンディング力がつく実例とは!?

実生活で金銭のグラウンディング力がつく実例とは!?

実生活でグラウンディング力がつく実例を説明します。例えば、①毎月支払うことがわかっている「家賃」や「光熱費」に対して請求書を見た時に、「今月は電気代が高いな。」「どうして今月はこんなに水道代が上がったのかな。」「あーあ、仕方がないかぁ~」などと、つい、つぶやいていませんか? お金を支払う時にこそ、相手先(支払い先)に「感謝」と「ありがとう」を添える心がけが必要です。「お金の使い方」は「心の使い方」です。電気、ガス、水道を安全安心して使えていること、目的別にお金を支払える無事に感謝をして、「ありがとう」という気持ちで支払いをしましょう。② 子供に少しでも良い教育を受けさせたい、だから、塾や学校の学費がかかるのは当然のこと。それはわかってはいるけれど、支払い額を見ると「ふー」と思わずため息がでてしまうこともあるかもしれません。お金を支払う時、相手に「感謝」と「ありがとう」を添える心が必要です。「お金の使い方」は「心の使い方」です。学費を支払えることに感謝をして「ありがとう」と支払いをしましょう。③ キャッシュレス化が急速に進んでいます。電子マネーで支払うことも多々あるでしょう。電子マネーを使用する時に、実際にリアルなお金でないことから、やや支払いに対して希薄になります。だからこそ「ピッ」とカードを機械にかざす時も「ありがとう」と声に出して支払いをしましょう。④ 「お金」を取り扱う時、物質ではなく「エネルギー」と捉え「感謝」「ありがとう」と丁寧に無事お金を支払えることこそ、「グラウンディング」するための秘訣です。↓↓地に足つけて生きよう↓↓

~意識が「世のため、人のため」である人は、生き方のスタイルが美しい~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)