海を汚さないで。ゴミの不法投棄が多い日本を変えていこう!

海を汚さないで。ゴミの不法投棄が多い日本を変えていこう!

「神さまはいるのだろうか。」この答えは、私なりに2年以内に書こうと思います。それまでは人間より「上の方」「高い次元」で人智を超えた決定がなされることは確かであると感じておきましょう。しかし、何もかもそうなのかというと、この惑星に対する倫理感と境界線があって、人間の方がその線(ライン)を踏み超えた時に決定が現象化すると考えておきましょう。この世は不思議・・。自然回帰のためにこんなに時間がかかってしまっています。銀河系の中で最も魂が磨ける惑星・地球は魂ランクをあげるためにスピリットが集まってきました。霊性進化するために地球にきたのに・・それに抵抗すると人生が厳しくなるだけなのに・・気づきは天と地の差です。なんと!世界でワースト3で、海岸のプラスティックゴミの不法投棄率が多いのが日本列島周辺であるという。これはショックです。プラスティック文化があたり前に広がっているのが要因ですが、海岸や川にペットボトルを捨てる人達が多数いるという嘆かわしい現状です。なんで捨てられるんだろう? どんな神経回路なんでしょうか。私は数年間、新宿歌舞伎町や渋谷センター街で早朝ごみ拾いに行っていました。道路のゴミを拾ってトイレ掃除をしました。何団体も取り組んでいてかなり美化の成果がでました。ゴミを拾っている人達に対して、空き缶を投げ捨てる人間にも淡々と接しました。富士山にゴミ拾いに行ったこともありました。冷蔵庫、タイヤ、自転車を不法投棄しているゴミの数に「富士山」が泣いているように感じました。何トンもあり、市民活動では持ち帰れない不法投棄量でした。地元の方々と役所に申し出ました。(数年前の話)・・自然現象、富士山噴火説、人工地震、NWO計画・・その話に興味をもつ前に、1人1人が取り組めることがあります。また、防衛費に何兆円もつぎ込むのなら、日本の浄化と整備に力を注いてほしいと願います。↓↓ 人類最悪の核のゴミが少なくなるために「原発ゼロ」「核廃絶」の草の根運動を「新宿都庁前」で本日も「できることから」行いました。↓↓

「神さま」は辛抱強いです。堪忍袋の尾は切れないのだろうか?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)