「人間が太陽の火で焼かれる」「大地震で島も山も消える」!?

「人間が太陽の火で焼かれる」「大地震で島も山も消える」!?

「 米カリフォルニア州北部で続く大規模な山火事の影響で、巨大なキノコ雲の発生や様々な方向から吹く突風など特異な気象が形成され、延焼の方向を予測するのが難しくなっている。当局のの発表によると、同州シャスタ郡では今も数十名の安否が確認できていない。風向きの変化や乾燥した天候、急な斜面にあおられて、火災はさらに延焼を続けている。カリフォルニア州森林消防当局によると、1週間前に発生した火災では、これまでに9万8724エーカー(約4万ヘクタール)が焼失。火勢を食い止めることができたのは20%にとどまっている。」(CNN引用)『ヨハネの黙示録』は『新約聖書』の最後に配された聖典であり、『新約聖書』の中で唯一預言書的性格を持つ書である。七人の天使がラッパを吹く(8章6節-11章19節) 第一のラッパ:地上の三分の一、木々の三分の一、すべての青草が焼ける (8:6-7)第二のラッパ:海の三分の一が血になり、海の生物の三分の一が死ぬ (8:8-9)第三のラッパ:にがよもぎという星が落ちて、川の三分の一が苦くなり、人が死ぬ (8:10-11)第四のラッパ:太陽、月、星の三分の一が暗くなる(8:12-13)第五のラッパ:いなごが額に神の刻印がない人を5ヶ月苦しめる(9:1-12)第六のラッパ:四人の天使が人間の三分の一を殺した。生き残った人間は相変わらず悪霊、金、銀、銅、石の偶像を拝んだ(9:13-21) 第七のラッパ:この世の国はわれらの主、メシアのものとなった。天の神殿が開かれ、契約の箱が見える。(11:15-19)」(ウィッキぺディア引用)世界では現在の状況が「地獄の黙示録」の様だと言われる所以であります。神仏混合の日本でも真しやかに「何かが始まったようだ」と誰もが思いだした今(鈍感人を除き)、シルバーあさみ的な人類のアセンションと合致する部分の心眼を書きます。↓ここから先は有料ブログでご購読ください↓

最後の七つの災い 神の怒りが極みに達する7つの鉢とは?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)