人類の危機には前兆がある!第三次世界大戦勃発か!?

人類の危機には前兆がある!第三次世界大戦勃発か!?

こんばんわ。政官癒着の膿がだせないまま、「TPP11(環太平洋経済連携協定」の承認案が衆議院本会議で与党などの賛成多数で可決されました! 政府・与党はこれに続き「カジノ法案」の今国会成立を急いでいます。立憲民主党など野党は「不信任案」等などで対抗しています。なぜ、膿をだし切らずに「TPPとカジノ法案!?」と「モリカケス問題」に飽き飽きしてきた国民はかなり驚く・・・。執拗な殺人事件を見せられていたと思ったら、これか・・! そして、金正恩委員長は超アセンションスターである見事な企画構成ができる脚本作家です。「あぁ~、朝鮮半島統一まで、あと一歩なのに・・」と韓国の方々の方が私達日本人よりこの状況をかたづを飲んで見守っているでしょうが、文在寅大統領は「米韓合同練習」を甘く考えていたのだろうか。北朝鮮にだけ「非核化」「核実験中止」を要求しながら、核を搭載した「マックスサンダー 」北朝鮮向け戦闘訓練をしているこのアメリカ優位の不思議さに世界が気づきだしました。「「北朝鮮」がいつも責められるばかりでは可笑しい」というジャーナリズムの声々も世界中で増えています。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は「18日、韓国政府が米軍のB52戦略爆撃機との共同訓練「ブルー・ライトニング」への参加を見送っていたと報じた。6月12日に予定される米朝首脳会談を前に北朝鮮を刺激し、緊張が高まる事態を韓国政府が懸念したとしている。」さすが、文大統領はB52の訓練中止を米側に依頼したが聞き入れられなかったということもわかりました。トランプ米政権は、北朝鮮に対する「最大限の圧力」路線を維持する立場から、米韓合同軍事演習の規模を変更しないと述べています。そして、国連で「中東問題」の解決を話し合っている最中に、クールビューティで名高いヘイリー国連米大使が「イスラエルに大使館を移転した理由で中東がもめているのではない」と発言して、パレスチナ側の国連大使の発言時は席をたちました。・・これはやはり国連内でもアメリカに反論してはならないという姿勢でしょうか? 次なる混乱が起きそうな最悪な中、世界中が気づきだしています。なぜ、世界の至る所に(中東、アジア含む)アメリカの絶対権力が及んでいるのか?! アメリカの傀儡だった日本はどう動くのか?!↓※「西郷どん」の妻とぅま(愛加那)はものすごい可愛いなー。
奄美大島の黒糖セットはアセンション非常用食で数年前から人気商品です。日本人は辛い境遇を「生きる力」で乗り越えてきたんだよね。↓

★奄美大島の黒糖セットはこちらから★

大惨事!第三次世界大戦は起きてしまうのか?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)