「トランス脂肪酸」「白砂糖」が規制されない日本は病人大国である。

「トランス脂肪酸」「白砂糖」が規制されない日本は病人大国である。

キャサリン妃(英国)が第3子を出産!わずか7時間で!国民と世界メディアの前に綺麗なファッションで素敵に登場できるのは大変驚きですね~。(日本では出産後平均3~5日入院後に外出可能) キャサリン妃は徹底した無添加、無保存料、無香料のオーガニック派だということです。「マーガリンやケーキ、ビスケット、スナック菓子、ドーナツ、マヨネーズ、ファストフード、インスタント麺などに含まれるトランス脂肪酸は、心血管疾患のリスクを高めるとして、規制している国は多い。例えば、世界保健機関(WHO)は、トランス脂肪酸の摂取量を摂取エネルギーの1%(約2g)未満にするよう2003年に勧告。デンマークでは03年6月から食品中のトランス脂肪酸の量を全脂質の2%までとする罰則規定のある行政命令を制定。08年にはスイスが油脂100g当たり2g以上のトランス脂肪酸を含む商品の国内流通を禁止、09年にはオーストリアも同様の規制を決定した。南米ではブラジル、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、ウルグアイが06年にトランス脂肪酸の表示を義務化。アジアでは、韓国が07年から、台湾は08年から、香港は10年から、表示義務を課した。北米では、カナダが05年から、アメリカが06年から表示を義務化。そして今年6月16日、ついに米国食品医薬品局(FDA)はトランス脂肪酸の食品添加物を18年6月から原則禁じるという決定を下した。他方、まだ日本では表示すら義務づけられていない。(Business Journal 引用) 体に悪いとわかっているのに何故ゆえ、日本企業は商品にするのだろうか? 厚生労働省は未だに許可をだすのだろうか? そんな日本で子供に添加物を食べさせないために親が「食選び」に敏感になることです。体調不全な若者は食が原因の一つであることに気づきましょう。↓

ダイエットやオーガニック云々以前の問題! 神経回路と子宮にダメージがある!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)