「政官人の強欲と権力の崩壊」~第一次クライマックスゾーン~

「政官人の強欲と権力の崩壊」~第一次クライマックスゾーン~

こんばんわ。トランプ大統領は「北朝鮮と米・ボンペイオCIA長官が会談済だ」と「米朝会談」の準備万端ぶりをツイッタ―に書きました!「北朝鮮」の危機を煽れない「武器購入額予算の高い」安倍政権は梃でも動かないと権力の座にいつまで縛りつくのでしょうか。「TPPより森友かぁ?」「セクハラの女性が出てこいよ」発言で、サードアイ人間のみならず、一般人の反感も買った麻生副総理大臣と共に非権力の椅子に座わるのはいつでしょうか。年頭まで賛否が分かれていたツイッタ―やSNSでは、完全に「安倍政権崩壊」ムード一色です。ジャーナリズム復活と市民の眼がそれを急がせます。代々続いた政治家ならば、潔く詫びて現役のご意見番にでもなればいいのに・・。人間の強欲というのは見ていて寒々しいものです。私が不思議なのは、歴史上でも「悟りの道」を指し示した先人方々が世界には多々存在したというのに近代社会においてカルマ権力が通用するという神経回路の可笑しさに何故に気づかないのだろう?ということです。私たちもサラブレットやエリートという言葉に惑わされないことを現象から教わっています。宇宙に承認を得るサラブレットやエリートは今から生まれてくるのかもしれません。5月15日から次なる展開を起こすことが「第一次クライマックスゾーン」の計画です。「強欲と権力の崩壊」を拝見してから「第二次クライマックスゾーン」を迎えましょう。「第二次クライマックスゾーン」とは?↓

「安倍政権崩壊後の新展開は?」~第二次クライマックスゾーン~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)