ギリギリな攻防戦の決め手は何?この世界は「表・裏・光・闇」そして「真実」がある。

ギリギリな攻防戦の決め手は何?この世界は「表・裏・光・闇」そして「真実」がある。

いつものように平和な雰囲気の散歩道を歩いていても、カフェで珈琲を飲んでいても、このような穏やかな時間を過ごせることに「ありがとう」とつぶやいてしまうほどのつかの間の幸せな毎日です。アセンションの計画と事実が理解できた今、貴重な貴重な1年11ケ月をどう過ごしましょうか。黒い烏も闇と思えば闇、光を現すと思えば光です。同じく白い鳩も光も闇も現しているかもしれません。「シリア」が化学兵器を使用したのか米、英、仏は使用したと断定しましたが、ロシアは独自の調査の結果、その形跡なしとしました。その結果は科学的な証拠を待つのみであるが、●●●ニュースで少女の「失神しそうになった時に遺体が沢山運ばれたわ~」と元気に語る姿がどうしても私には嘘に見えてしまいました。(個人的な見解です)そしてそれ以前の問題として、「いつ国と国の争いの種が刈り取られるのか?」とうんざりを通り越して「地球は低次な進化が遅れた惑星なのか?」と問いただしたくなります。いや、地球は高次元な惑星として上昇し続けています。「光の計画」と「闇の計画」のギリギリな攻防戦の決め手は何なのか?この世界は「表・裏・光・闇」が存在してきました。いずれ、「真実」のみが存在する2020年3月まで、サードアイ(心眼)を見開いて相手の眼、表情、言葉の波動を見逃さないようにしましょう。世界の歴史は捏造されてきたのか!?益々盛り上がる「シルバーあさみの有料ブログ」は↓愛と真実の時代の布石となるでしょう。↓

世界の歴史は捏造されてきたのか!?愛と真実の時代へ

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)