「特別案件」とはアッキーの忖度ではなく、政治家の汚職事件だったの?

「特別案件」とはアッキーの忖度ではなく、政治家の汚職事件だったの?

「森友事件に新展開か!?大阪地検特捜部は、森友学園が小学校建設のために銀行から受けた融資の一部が政治家に流れているのではないかと判断し、汚職事件として捜査を開始している――。こんなウラ情報が駆け巡り、政界は騒然だ。「特捜部は、森友学園の小学校建設を巡る土地取得や名義変更、設置認可などの過程で、複数の政治家に賄賂が渡った可能性があるとみているようです。スパコンの助成金詐欺事件やリニア談合と比べると、森友事件の特捜部の捜査は明らかに時間がかかっている。時間が経てば証拠隠滅されかねないのに、財務省関係者は誰ひとり逮捕されていないし、本省にガサも入っていない。それで、特捜部の“本丸”は公文書等毀棄や背任ではなく、『サンズイ(汚職)でバッジを狙っている』と噂されているのです。最近、東京地検から大阪地検特捜部に異動になった検事がいることも、この話の信憑性を高めている。政界ルート解明のため、東西の特捜部が連携する目的とみられています」(日刊ゲンダイ引用)4月9日太田理財局長が公文書の「改ざん」を国会で認めました。佐川元理財局長が虚偽発言であることが判明しました。ここまで隠す理由は表面下されていない銀行融資の汚職事件だったのか!?この国民を欺く驚きの事実があるのかないのか? 全メディアに真のジャーナリズムを期待しましょう。アッキーに倫理的な「境界線」はない、しかし、もしかして本人は知らずに利用されたのか? 怖すぎる顛末は日米首脳会談前か?↓

「森友学園」問題を1年以上追求してよかった!と誰もが思う・・政治家の汚職の一掃が始まった・・

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)