見たくない、聞きたくない光景はいずれ消滅するのか?

見たくない、聞きたくない光景はいずれ消滅するのか?

大谷翔平選手!デビュー戦で3回連続ホームランなんて凄いですね。所属チームが「エンジェルス」でありご本人もスポーツ選手には珍しいエンジェル波動です。国会が大混乱していて国民が「また隠蔽か・・」とうんざりしていると、羽生結弦選手や大谷翔平選手が明るい元気な話題を颯爽と体現してくれてホッとします。その姿には一意専心で賢明に我が道に向かう誠実さを感じる次第です。そして、いいのか、悪いのか、日本の本筋の大問題よりトップニュースになります。こうして誠実さに感動しながら、不誠実さに慣れてしますう・・。いや、この度だけは日本の闇だし改革期、決して平和ボケしないで注目していきましょう。そして、私自身もいろいろな街で普通の人たちの肉体の様子を観察しながら、なぜ「気づき」が大事なのか心が痛く感じる場面があります。今日は渋谷駅の近くで「お父さん、お父さん、ギャー、お願い、行かないで~」という泣き声に沢山の人たちが何度も振り返っていました。どうやら、その泣きじゃくっている3歳ぐらいの男の子の父と母は駅のホームで喧嘩をして逆方向に離れて歩きだしたようですが、3歳の子が走ってお父さんを追いかけていました。胸が痛いのは、その父親は一度も振り返らず、男の子が雑踏の中、線路際を歩いているので沢山の人たちが心配そうに降り返っているという光景です。(私は逆側のホームにいましたがそこまで聞こえる泣き叫ぶ声)ホームの階段をおりても自分の子供をどちらの親も一度も振り返らない・・こんな光景がこの地球からなくなりますように・・「気づき」は大事です。なぜ母親はその男の子を追いかけないのか?どちらも同罪です。と同時に「こんなに気づきが遅れたまま、日本は黄金期に入るのだろうか?」と疑問がでました。これは読者様もまわりを客観視して感じることもあると存じます。加えて「こんなに酷い国会が光の国会に2年後になるのだろうか?」「いずれ消滅するのか?」とこちらも疑問に思うことでしょうー。人類のアセンションを知っている次元の人たちの疑問に今日も答えます。↓↓

魂が磨かれていない人間への執行猶予はあとわずかでしょう。それは例えば、、

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)