真の平和とオリンピック精神が繋がる日があるのか?

真の平和とオリンピック精神が繋がる日があるのか?

こんばんわ。オリンピック選手がメダルを取ると同じ質問を何度も何度もされてメダルの喜びに浸っていることもできない場面を又観ています。気の毒な感じに思えてきます。しかし国の税金やJOCやスポンサーの資金が多額に使用されたことも確かなのでお断りはできないことでしょう。羽生選手はその辺もわかっていて向けられるマイクから心底感謝を伝えられ、宮城県やオリンピック観戦者のために自分があると言えるのが悟り者です。日本の小平奈緒選手と韓国のイソンファン選手の友情は感動します。こうして日韓がいがみ合う必要がないことを現してくれました。これは大きな出来事でした。2020年東京オリンピックの是が否かが問われている今、「オリンピックとはなんぞや」を考える機会ですね。確かに感動も多いのだが、単純に喜びに浮かれている日本の影でイスラエルとイランが戦闘体制に入りました。爆撃に打たれた血だらけの幼子がチラッと数秒だけ映りました(NHK)この世界は決して平和ではないと感じる次第です。「オリンピックを推奨している人たちが戦争も起こしている!?」ここから先は有料ブログでご購読ください↓

「オリンピックを推奨している人たちが戦争も起こしている!?」

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)