「死海文書」のファイナルファンタジーな「光と闇の最終戦争」!?

「死海文書」のファイナルファンタジーな「光と闇の最終戦争」!?

「地球の計画」が解明できていくほど心臓に悪いような日々が続いています。「死海文書」とは、アラビア半島北西に位置する湖「死海」の周辺から発見される古書の総称です。旧約聖書など聖書に関連する記述が施されており、これまで発見された「死海文書」の数はなんと900数を超えています。「死海文書」に使われている羊皮紙を年代測定した結果、紀元前250年から紀元70年の間に書かれたものであることがわかっています。「死海文書」の主な内容はユダヤ教の聖書(旧約聖書)、聖書の外典と偽典、教団文書の3つでした。これにより「死海文書」はそれまで知られていた物よりも1000年近く時代を遡る「最古の聖書写本」であることが判明したのです。「死海文書」の予言の内容とは「死海文書」はイスラエルの建国と混乱、そして破滅を予言「イスラエル国が建国されるものの、建国後70年は混乱と荒廃の中にある」といった内容の予言であり現在の中東問題を見ればそれが的中、そしてイスラエルの混乱の最後には「大きな津波と最終戦争があり破滅となる」という。イスラエルの建国は1948年であるのでその70年後が「2018年」です。●全ての神の民に救いが訪れ、神の側の者達には栄光が訪れ、サタンの側の者達は絶え間ない破壊に苛まれる!また「死海文書」の「戦いの書」という一編では「光と闇の最終戦争」を予言しています。ここから先はファイナルファンタジーのような「有料ブログ」でご購読ください↓

「死海文書」だけに記された予言とは?「光の子と闇の子の攻防戦」とは?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)