「かごめかごめ」籠の意味を知れば知るほど先祖がわかる!

「かごめかごめ」籠の意味を知れば知るほど先祖がわかる!

「かごめかごめ(籠目籠目)」は子供の遊びの一つで、中央の鬼は目を隠して座り、その周りを他の子供たちが輪になって歌を歌いながら回ります。歌が終わった時に鬼は自分の真後ろ(後ろの正面)に誰がいるのかを当てます。「子捕り・子取り」「子をとろ子とろ」と歌う鬼が目を隠して中央に座り歌が終わった時に鬼が自分の真後ろ(つまり後ろの正面)に誰がいるのかを当てるという遊びで「目隠し鬼」などと同じく、大人の宗教的儀礼を子供が真似たものとされます。よって怖い都市伝説も多々ちまたにあるようですが(正確でない妄想ものも多い)ここで正確に把握をしましょう。ただ、このように私たちが自然となれ親しんできた日本の童謡や昔話に「イスラエル」の文字による言葉や深い意味が含まれていることが多いのは真実です。これは何を意味するのでしょうか?ここから先は「有料ブログ」でお楽しみください。

「六芒星レイライン」と「契約の箱」について