「世界平和」が「世界破滅」にベクトルが向くことがある!?

「世界平和」が「世界破滅」にベクトルが向くことがある!?

人類の究極の目的は「悟る」こと。そのためには「悟る」を理論としても体験としても習得する必要があります。先人の知恵や修行から学ぶこともありますし、日本には茶道、華道、書道、柔道、合気道なども「今という瞬間に打ち込む」鍛錬として伝わってきた歴史があります。中国にも気功や太極拳、武道など精神統一の方法があります。それ以外の一般的な方法は「瞑想」という形や一心不乱に仕事に打ち込む時(我がない状態)でも瞬間的な体験はできるかと思われます。職人さんの神技などが該当します。「無」の瞬間は何事にも動じない「心」の鍛錬ですが、禅では「心はあってないかの如く」と説かれます(解説:心などと言っている間は悟っていないという意味)。一般的な人間にはネガティブな感情や煩悩があります(達人以外は)。魂を磨いて霊性進化して「悟る」ためには日常生活でネガティブな感情を観察してエゴを発見して認識することで心身がクリアになります。そのような作業をしようという方々は次元が高いです。逆にエゴが認識できていないと心身に重圧がかかります。自分に悩んでいる人ほど「自分が中心である」「自分があっている」という勘違いをしている場合があります。本当にあっていたら悩みませんー!7つのチャクラも(=心と体)暗い状態で内観せずに放置すると気の病になってしまいます。誰にも見えない時間に魂を磨く=自己分析と内観をしましょう。日常生活で何度も何度も実践することによる「悟り」に近づいた人間は陰気やネガティブがほぼなくなります。よく私に「自分を信じればいいのですか?」という質問がありました。「いえ、自分のエゴは信じないでください」と笑顔でお返事していました。場内が楽しくどよめきました。エゴがある状態、陰と陽、光と闇を認識していない魂の状態はエゴのセルフです。自分に都合の良い考えしか及びません。人生で様々な体験をしながら、自己分析、内観、エゴの認識をしている人達はエゴが極少になっていくので「ハイヤーなセルフ」として選択に答えをだせることでしょう。人類、日本人が「悟る」道に近づいていくことで「真の平和」が訪づれると考えています。世界の争いの根源はカルマ的な「エゴ」の因果です。このことに「覚醒」していないと「世界平和」と言いながら「世界破滅」にベクトルが向くことがあります。現在の人類の意識を分析しました。それが社会現象に結果として現れます。「有料ブログ」で「地震情報」を発信後の感想です。↓だからこそ今日も有意義な時間をすごしましょう☟

~伊勢湾沖の地震がある場合の住民の心の持ち方の参考例~

「・題名)有料ブログの記事についての感謝・メッセージ本文:シルバーあさみさま、いつも有料ブログ拝読させて頂いております。この度の伊勢湾沖での地震予告の記事について、その内容をしっかりと受けとめております。そして、書いて頂きました内容を行動に移し、愛の波動を高めて毎日を過ごすよう務めております。どのようなことがありましても、感謝を忘れず、周りの方々のサポートができるように動いていきたいと思っております。10月の個人セッションを受け、あの時に指導を受けました通りに準備をし、動いております。今月に入りましてから、表向きには大きな動きはないもの、心の奥底から幸福感が溢れ、これ以上幸せなことはあるのだろうかと思えるほど、満たされた感覚に包まれています。このまま何事が起きましても、自分も、家族も、周りの方も支えられる自分になって生きていきます。シルバーあさみさまに出会えましたこと、こうして情報を共有して頂ける奇跡を無駄にしないように、心して毎日を過ごし、この命を周りの方々のために使っていきます。いつも貴重な情報、記事を本当にありがとうございます。シルバーあさみさまのエネルギーを無駄にしないように、これからも心して生きていきます。本当にありがとうございました。三重県伊勢市在住 HZ)・投稿をHPに掲載してもいいですか?はい」
↓ここから先は有料ブログでご購読ください↓↓(下記申し込み後に購読可能)