目覚めよう!日本人!魂に悪の烙印を押される人間にだけはならないことだ!

目覚めよう!日本人!魂に悪の烙印を押される人間にだけはならないことだ!

核廃絶を訴えるICANの事務局長が来日していました。「昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN(アイキャン))が安倍晋三首相に、来日中のベアトリス・フィン事務局長(35)との面会を要請していたが、政府から日程の都合を理由に断られていたことが十五日、ICANの主要運営団体「ピースボート」への取材で分かった。ICANは広島、長崎の被爆者と連携して核兵器の非人道性を訴え、核兵器の使用や保有などを全面的に禁止する核兵器禁止条約の国連での採択に尽力したとして昨年十二月、平和賞を受賞した。同条約については核保有国の米国などが反対しており、米国の「核の傘」に依存する日本も参加していない。菅官房長官は十五日の記者会見で、面会を断ったことについて「日程の都合上だ。それ以上でも、それ以下でもない」と述べた。フィン氏は訪問先の広島市で「がっかりした。大変残念だ」と話し、被爆国として核保有国と非保有国との「橋渡し役」を自任する日本政府と「二度と同じ惨状を起こさないため、何をすべきかを一緒に話したかった」とした。ピースボートによると、ICANは昨年十二月下旬から内閣府を通じて二回、安倍首相との面会を求めたが、外務省から今月十四日までに「日程の都合が合わず面会できない」と回答があった。安倍首相は欧州歴訪のため十二日に日本を出発しており、十七日に帰国する。」(東京新聞引用)「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長は16日、衆院議員会館で与野党幹部らとの討論会に出席した。フィン氏が日本政府の核兵器禁止条約への署名を求めたのに対し、与党は北朝鮮による核開発などの安全保障環境を理由に慎重姿勢を示した。フィン氏は「核抑止は神話だ。北朝鮮は開発を止めていない」と述べ、米国の核抑止力が効いていないと指摘。条約参加に向け、参加した場合の効果や影響について調査するよう求めた。これに対し、自民党の武見敬三参院政審会長は「軍事的脅威に対応できる抑止力を含めた防衛態勢を整えないと国民の命を守っていくことができない」と反論。公明党の山口那津男代表も「北朝鮮の核開発、保有を目前にして、核兵器国と非核兵器国が共に協力、連携して解決しないといけない」と述べ、禁止条約とは一線を画した。一方、立憲民主党の福山哲郎幹事長は「条約の効果を調査することは日本のアプローチとして非常に有効だ」と賛意を示し、国会で提起する考えを表明。共産党の志位和夫委員長も「核兵器に悪の烙印(らくいん)を押すことが、北朝鮮に核開発放棄を迫る大きな力になる」と訴えた。希望の党の玉木雄一郎代表は「現実の脅威と核のない世界との溝を埋めないといけない」と語ったものの、条約参加の是非を明確にしなかった。」(NIFTIニュース引用)フィン事務局長と与野党幹部との討論会に私は怒りを覚えました。広島長崎の原爆の被害者の方々と政治家の発言のギャップに驚いたというフィン事務局長は「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の言動力が日本の被爆者たちであるのに、核廃絶を阻む人間が日本の政治家に存在するというギャップに相当驚いたに違いありません。・・私自身の素直な感想はある一部の人間の発言を除き「こんな曖昧な発言しかできない愛のない政治家だとしたら日本に本当に必要な人間であるなのか?」です。この宇宙において銀河において地球において愛と真実がない人間には魂に烙印を押される時がきました。↓

「宇宙の怒りはカルマ的な人間に一撃を与えるだろう!」愛と真実がある政治家以外はいらない。

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)