「貴乃花」に見る人間関係の基礎の基礎~ヒューマンスピリット~

「貴乃花」に見る人間関係の基礎の基礎~ヒューマンスピリット~

こんばんわ!どのニュースより面白い「シルバーあさみの公式ブログ」の始まりです。総選挙後の国会の様子がわからなくなっています「相撲暴力事件」について誰も触れていない切り口でズバッと語ります。社会事象から学ぶ!どんなに酷いニュースも何かは教わっているのかもしれません。本日は貴乃花親方が孤立無援になっている現象を「協会との確執」等々という論点ではなく彼が「母親」と断絶しているので起きていると心眼でズバッ!と解説します。貴乃花は意地、根性、プライドと技能で今日まで過ごしてきたが「母親」を憎んでいることによっていつも「人間関係」が悪化します。これにご本人が気づくまで紐解けません。「ねぇ、お母さん!パパ凄いね!パパみたいになるんだ!」と眼をキラキラさせていたスポーツ界の家族の理想であってほしかった若貴兄弟が横綱にまで登り詰めたのちに家族崩壊、兄弟確執、母親への憎しみを社会現象を通して私たちは見ています。母親は子供に何を渡したのでしょうか?貴乃花はクラウンチャクラ(覚醒する場所)とサードアイチャクラ(心眼)が真っ黒で(透視)、適正な判断がでない状態です。中学生から努力に努力を積み重ねた貴乃花だからこそその思考の狭さに加えて頑固さはとてつもない執着となる・・それに近代のやや緩い相撲力士たちがついていけるのでしょうか?という問題と、日本の国技「相撲」がモンゴル勢が人気の中心になっている現象を見直す時期なのかもしれません。~ヒューマンスピリット~基礎概念は「母親と繋がりが社会生活の人間関係に現れる」です。ここから先は有料ブログで学んでくださいね↓

なぜこの「母親」から生まれたのか?何を魂が学ぶためなのか?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)