人と人が繋がる⇒次元と次元がリンクする!?

人と人が繋がる⇒次元と次元がリンクする!?

こんばんわ。いつもドラマに入らないで物事を客観視できると面白いことばかりです。昭和時代は日本人のほぼ全員が「3次元ドラマ層」でした。会社や家庭では誰かがもめていて誰かが恋愛関係で当人もそばにいる人達の気分も上がったり下がったり人を信用したり裏切られたりする「山あり谷あり」のドラマです。感情の起伏も激しく、その変わり情にモロイがドラマの最後はハッピーエンドがあまりありません。それでもそれも「ふつう」とする3次元世代は私たちの父親や母親や親せきのおばさん世代です。平成になりまして徐々に「自分の価値観」「自分の生き方」を考えるようになりました。インターネットで炎上しているのはおそらく昭和世代で平成世代は冷ややかかもしれません。街にはオウムのように同じ言葉しか言えない接客とは言えない接客に慣れてしまった平成世代はサイフォンでたてるコーヒー豆の香りとマスターとの気の利いた会話など面倒くさいでしょう。私は気配りのある個店が大好きで探し求めてしまいます。普通に事務的な応対で誰にも途中で話しかけられないチェーン店でアイフォン片手に人と繋がることが平成の一般的でありますかしらね。昭和と平成をまたいでいる「シルバーあさみの公式ブログ」の読者様はどちらも客観視しながら本質を探っていきましょう。平成も29年も進むと、昭和のアナログレコードやカセットテープが求められているように平成時代の20代の方々には「山口百恵さん」「中森明菜さん」がカラオケで歌われることも多いと聞きます。私の叔母が熱狂的ファンだった「ジュリー」(沢田研二さん)のファッションも若者に人気であるようです。平成のキンキンした音楽からドラマを歌い上げてくれる歌が再ブレーク!しているのも「なんか、落ち着く~」からだそうです。バブリー時代に派手なスーツに肩から下げる携帯電話の「平野ノラ 」さん好きです~。本当にいましたよ~。彼女のお陰様で手のひらサイズのアイフォンが昭和では普通でないのが若者に知られましたね~。なかなかの功績です。ただ過去には戻れず、現在は平成29年であることは確かなので近未来の人口知能化でロボットと繋がるのか、今一度、人と人の繋がりを学んでおくのか人生の豊かさが違いますね。学生時代の友達も懐かしいだけでは繋がりが薄く、お互いに進化していると友達の輪が保てるでしょう。アニメを見なければアニメの世界はわかりません。「シルバーあさみの有料ブログ」も購読しなければ次元上昇の効果はわかりません。人と人の繋がりが次元の違いにもなってきていますね。次元の輪と次元の輪がリンクする!総選挙1日前!確かな選択眼をもって投票へいきましょう!ここから先は有料ブログでご購読ください↓

★話題の「バブリーダンスPV 登美丘高校ダンス部 」★

「真のネットワークとは何か?」

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)